代車に思う事

 In 利枝子のささやき

私の愛車はプリウスαです。

走行距離がそろそろ10万キロになります。

今までは5年間で10万キロを目処に新車に乗り換えてきました。

一つ前の車は12万キロまで乗ったのですが、今回はまだまだ乗る決心をしました。

その決断の理由は、乗りたい車が見つからないことが大きな点です。

実はもう一度同じプリウスαに乗りたいと思っていたのですが、このタイプは既に作っていないそうです。

新車はないと言う事です。

それを知った時は正直ショックでした。

やっぱりエコカーが良いですし、でも新しいプリウスはトランクが小さくて荷物が乗らないのです。

私は荷物が多いので、小さはトランクでは仕事がしにくい!!

それと同時にコロナ渦において、新車を買うと言う大きな出費を控えようと言う考えもあります。

だからこそ今の車を長く乗る決断をしました。

そこで傷があった所を修理して大切に乗ろうと思ったのです。

本日修理に出しました。

その間代車に乗ることになったのですが、とっても懐かしい車がきました。

コロナのプレミオ、凄く車高が低くてビックリで、車種が違っていたら積丹と間違われそうです。

またバックモニターも無くて、バックは今もちょっと緊張しています。

運転していて思うのは、トヨタの車って運転しやすくて好きです。

古くて傷だらけだし格好悪いのですが、乗っていて楽しい車です。

修理が終わる月曜日まで、しばらく相棒の代車ですが楽しく運転できそうです。

父が若い頃乗っていたのがコロナだったのを思い出しました。

父もこんな感じで運転していたのかな?

何だか父を感じました。

Recent Posts

Leave a Comment

CAPTCHA