個人差

 In 利枝子のささやき

今年度ほどハローワークに足を運んだ年はありません。

もちろん仕事を探しに職安に行ったとかではなく、雇用安定助成金の申請のためです。

今日も午前の教室を終了後、スタッフの家に寄り申請書に必要な署名捺印をもらって、お昼を食べずにハローワークに向かいました。

午後1時過ぎに着きましたが、たまたま事務所のすぐ前に駐車場が空いていて置くことができました。

今まで一度もそんなことはなかったので、ちょっとラッキーって思ってしまいました。

2階の窓口で申請に来たと伝えると、担当の方が対応してくださいました。

今まで一度も同じ方になった事はありませんが、全員ご年配の方達なのでもしかしたら退職後のかたたちかもしれません。

しかし、今回は辛い面接になりました。

とにかく質問が多く、ダメ出しが続きました。

途中から胃が痛んで来ました。

すでに3度申請をして来ましたので、それなりに理解して申請書を作って来たのですが、今回はなぜかそれが通用せず、冷や汗が出る始末でした。

私の煮え切らない態度が気に入らなかったのか、その担当の方は席を何度も立っては他の事務所の方の方に行っていました。

私もどうしたら良いのかわからず、思わずスタッフにメールしてしまったほどです。

最終的にはあまりにもダメだと思ったのか、他の方を連れて来て担当を変わってしまいました。

私はその方が良かったです。

変わったすぐは何か言われるのかとビクビクしていたのですが、現役の若い方でしたがすごく優しく的確にチェックしてくださって、アドバイスしてくださいました。

結果的に私が社員を押し忘れた箇所があったりしたので、もう一度行くことになりましたが、ハローワークを出たのは1時間半後でした。

お腹は空いたわ、心は折れるわでクタクタになりました。

いつも思います。

お国からお金をいただくのは本当に骨が折れます。

少しでもスタッフの皆さんのためになればと思って頑張って申請していますが、心底疲れました。

これほど担当者によって違うなんて、個人差の影響は計り知れませんね。

来年2月まで申請はできるそうですので、まだしばらく苦労が続きそうです。

Recent Posts

Leave a Comment

CAPTCHA