新たな場所で

 In 利枝子のささやき

先日住宅公団のシルバー健康体操の教室について、コロナの件があったので担当者といろいろ相談して話を進めていたのですが、結局延期が決定しました。

私自身はその結果を真摯に受け止めています。

本当に色々な考え方があり、教室をやるのもやらないのもどちらも正解だと思います。

そのことを受け止めた上で、次回教室の再会を楽しみにしています。

そんな気持ちでいたところ、別の公団住宅から連絡がありました。

そこは毎年教室をやっていたのではありませんが、担当者が後退したという連絡とともに、初めてのイベントとして体操教室を開催したいというお話をいただきました。

コロナ渦の中、嬉しいお話をいただけて光栄です。

日程を調整して、11月に開催予定となりました。

その前に感染予防策を検討しなくてはいけないので、打ち合わせをする約束をしました。

そこで新しい担当者の方と会うこととなります。

皮肉とも思ったのは、延期になった教室も今回お話をいただいた教室も同じ11月の話です。

一方は時期尚早だと判断し、一方はこの時期ならば大丈夫と判断したのです。

やはり考え方はそれぞれなんだと思いました。

豊明市は6月から健康体操教室を再開しましたが、名古屋市は未だ再開できずにいます。

同じ高齢者に対しての教室です。

もちろん事情はそれぞれ違っていますが、差は歴然と出てくると思います。

どちらであれ私は受け入れていく覚悟ですし、依頼があれば全力で対応していきます。

一旦公団住宅のお仕事は止まったと思っていましたが、この様に新たにお声をかけていただけて感謝しています。

少しずつ前進していければいいなと思っています。

Recent Posts

Leave a Comment

CAPTCHA