危機感

 In 利枝子のささやき

愛知県の新規感染者がどんどん増えています。

今日は110名と発表されました。

各自治体によっては、クラスター化したお店の名前を公表したり、どんな場所で広がっているかを知らせて注意勧告をするところもありますが、なぜか愛知県とりわけ人数の多い名古屋市はそういった事は行われていません。

それが良いことかどうかはわかりませんが、一体どんな感じで広がっているのか実態が見えてこないので、不安でしかありません。

大村知事は夜の街で注意勧告のチラシを配ったようですが、どこまで効果があるのか。。。

半数以上が感染経路がわかっていないそうです。

間違いなく市中感染が広がっています。

たまたま生徒さんが鯱城学園がやっと開講すると喜んでいたら、昨日電話があり中止になったと言っていました。

これは非常に危険な感じがします。

8月から再開予定の福祉会館の講座、緊急で中止などとならないだろうか。

このまま増え続ければ、高齢者の集団である福祉会館はまた閉館の可能性もあるかもしれません。

最近耳にすることで、認知症の方が増えているという話があります。

これはステイホームが原因です。

外出を控えるあまり、刺激のない日々をおくる内に脳の老化が進んでしまい認知症が発症していると考えられます。

高齢者には外出する目的や場所が必要です。

確かにコロナの感染は避けなければいけませんが、怖がってばかりいては脳も体も老化が加速します。

どうかこのまま感染が広がらないように、そして教室の再開を実現させたいですね。

Recent Posts

Leave a Comment

CAPTCHA