脳の老化度チェック

 In 利枝子のささやき

最近ちょくちょく物忘れをします。

実は聞いていた話を聞いていないと行ってしまったり、買い物に行って買い忘れのものがあったり、これと行って日常生活に問題は起きていませんが、自分でバカだなーって思う事が度々あるのが現状です。

カレイの物忘れならば問題はないのですが、認知症による物忘れだったらかなり問題です。

そこでチェック出来るのでやってみましょう。

①  めっきり疲れやすくなった

②  昼間の居眠りが増えた

③  聞き返すことが多くなった

④  頭がボーッとしている

⑤  しまい忘れ、置き忘れは増えた

⑥  意欲が湧かなくなった。行動力が衰えた

⑦  甘いものが好きになった

⑧  つまずいたり転んだりすることが増えた

⑨  うっかりミスが増えた。集中力がなくなった

⑩  最近、歩く速さが遅くなった

いかがでしたか?

どこのチェックがつきましたか?

1つでもチェックがついたら要注意です。

⑤と⑥が思い当たる人は、対策をとらないといずれ手遅れになります。

⑧、⑨、⑩をチェックした人は、認知症専門の医療機関を受診してみましょう。

加齢による物忘れと、認知症による物忘れの違いは、

● 日常生活に支障はない         ●日常生活に支障がある

●時間や場所などは認識している      ●時間や場所などの認識が混乱

●ヒントを与えられると思い出す      ●ヒントを与えられても思い出せない

●体験の一部を忘れる           ●新しい出来事を記憶できない

●体験自体を忘れる

誰でも加齢に伴い脳の老化は出て来ます。

ただ何でもかんでも歳のせいにしていると、大きな病気を見落とす時がありますので注意してくださいね。

Recent Posts

Leave a Comment

CAPTCHA